前へ
次へ

予測できないから知っておきたい葬儀マナー

近年、終の棲家として老人ホームや介護施設を選ぶお年寄りも増えています。
もちろん、こうした場所

more

【葬儀マナー】礼服の種類

服装は大切な葬儀マナーのひとつですが、礼服にはさまざまな種類があり、それぞれ格式が違います。

more

しっかりと葬儀マナーを学ぶ

親類や知人が亡くなれば、葬儀に参列したり焼香をしに行く機会がありますが、葬儀マナーを守ることで、故人

more

社会人として覚えておきたい葬儀マナー

社会人になると、葬儀に参列する機会が多くなります。
多くの人の前で恥ずかしい思いをしないためにも、葬儀マナーをしっかり覚えておくことが大切です。
たとえば、服装のマナーです。
葬儀に参列する際の服装は、ブラックフォーマルのスーツを着用するのが基本です。
いわゆる喪服というもので、ブラックフォーマルは光沢のない素材で作られているのが特長です。
葬儀の際は光沢のある素材のスーツの着用はタブーなので、黒い色のスーツなら何でも良いというわけではありません。
これは、男性も女性も共通するマナーになりますので、葬儀用の装いとして準備しておくと良いでしょう。
また、男性の場合は、Yシャツは白い色でかまいませんが、ネクタイや靴下、靴といった他のアイテムは全て黒い色に統一します。
靴に関しては、スーツと同様に光沢のある素材や金具などが付いているものを避け、シンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。
女性のブラックフォーマルは、ワンピースやアンサンブルなど複数のデザインのものがありますが、基本的にはブラックフォーマルであればどのようなデザインのものでも大丈夫です。
バッグやパンプス、ストッキングといったアイテムは全て黒い色に統一し、バッグやパンプスには金具などがついていないものを選ぶのが基本です。
また、女性の場合は、髪型にも気をつける必要があります。
長い髪の人は後ろでシンプルにまとめることがマナーです。
また、アクセサリーなど貴金属もできるだけ避ける必要があります。
もしもアクセサリーをつけるのであれば、パールのネックレスを選ぶと良いでしょう。
ちなみに、和装で参列する際も黒い着物を選ぶのがマナーです。
帯や帯締め、バッグなど、肌襦袢以外のアイテムも洋装と同様に黒い色を選ぶようにしましょう。

福岡市で家族葬をするならファミリーホール荒江

ペット火葬を奈良にて依頼するならbottleflower

葬式 新潟

ご家族様に寄り添う企業
大阪のペット火葬会社「京阪ペットセレモニー」です

葬儀マナーは、他にもお焼香や合掌の作法をはじめ、香典に関するものなど、覚えておきたいことはいろいろあります。
葬儀マナーに関しては、マナー本をはじめ、インターネットでも調べることができますので、自信がない場合は、葬儀に参列する前にもう一度確認しておくと、安心して当日を迎えることができるでしょう。

Page Top